内容証明

お問い合わせはコチラ↓↓

Home > 業務内容

【古物商はネットビジネスの「登竜門」】

収入は月数万円から~1000万円以上まで。

事業規模も個人事業主から全国規模のリサイクルショップまで。

とにかく幅広く存在するのがこの「古物商」。いずれのその申請内容、ほぼ同一です。

とりわけ個人で行う「ネットオークション」は売れれば現金収入が得られることもあり、「ネットビジネスの登竜門」的な位置付けがされていることも多いです。

 

【あなたは「1000円で仕入れて900円で売る」失敗をしていないか?】

実はこのような質問をされることがあります。

「ネットオークションなら古物商でなくても出来るのでは?」
「個人で古物商許可ってあまり意味がないですよね?」

全く違います。実は古物商の資格を取得していることによって、

「仕入れ値は全て「経費」で落ちる」
「古物商のみ出入り可能な市場に参入できる」

例えばネットオークションで、900円で出品されている商品があったとします。

あなたはそれをリサイクルショップで購入したとします。購入価格は1000円です。

これで利益が出るでしょうか?出ないですよね。

ではリサイクルショップ。即ち古物商はそもそもいくらで仕入れているのでしょうか?

正式な価格は品物にもよるかもしれませんが...

「100円」
「150円」

そんな価格で仕入れていることもザラです。しかも1個とは限らない。

「10個」
「100個」

そんな単位で仕入れているケースだって珍しくありません。

即ちあなたが「赤字覚悟で出品」をしようとしている商品、実は、

「1個売れれば800円の利益が出る商品」

これで勝てるわけがありません。

それだけではありません。

「仕入れにかけた費用は全て「経費」で落ちる」

それに対し、

「経費は一切認めない」

もし個人事業主(または法人)の届出をしていない場合、そうなってしまいます。

即ちネットオークションで利益を出そうとした場合、とんでもない「お宝」を争って手に入れようとしても自ずと限界があります。それよりも、

「仕入れ値を安くしないと利益が出ない」

そのためには、

「独自の仕入れルートを確保しなければならない」

それはとりもなおさず、

「古物商許可を取得する他ない」

のです。

 

【申請そのものは難しくないですが】

古物商許可の申請手続きはそれほど難しいものではありません。

しかし、市販書籍を一から読んで書類を書くのは思ったほど面倒なものです。

「申請はあくまで手段に過ぎない」

ですので、

「申請の際に躓きそうな要点だけお伝えする」

それで十分ではないでしょうか?

お問い合わせ/相談料金

【相談時間】

60分 12,000円
90分 18,000円
120分 24,000円

※お支払いはクレジット決済のみとなります。予めご了承ください。