NPO法人設立/変更

お問い合わせはコチラ↓↓

Home > 業務内容

【この内容で問題ありませんか?】

NPO法人で最も難しいと思われるのは、

・定款
・収支予算書
・事業計画書

ではないでしょうか?

よく「このような内容で問題ありませんか?」というお問い合わせをいただくのですが、厳密な意味での「正しい書き方」は存在致しません。

基本的には所轄庁への「事前相談」が必要となります。

 

【提出までに準備期間が必要】

事前相談には原則として予約が必要です。また、1回相談をすればOKとも限りませんので。

事前相談の予約+書類の修正期間を加味した場合、実際の提出までに1~2か月の準備期間(場合によってはそれ以上)を見ておくのが無難だと言えます。

 

【修正作業を減らす。またはスムースな修正を行うには?】

今までの申請手続きの経験上、お伝えできる内容はといいますと、

(定款において)
・同様の事業のNPO法人が存在するかどうか確認
→同じ事業内容は可能な限り同じ内容で書く
・表現は「統一」する
→「または」「および」といった表記は全て「又は」「及び」に統一する
・解散時の残余財産は民間企業に寄付できない
→特に決まっていない場合、とりあえず所轄庁(例 東京都等)を指定する

これだけでも修正作業を大幅に減らすことが可能です。

申請の大半の問題が上記の3種類の書類に集約されると考えられます。言い換えればその3種類が完成した時点で申請準備が「80%くらい」完成したといっても過言ではありません。

加えて、

「実際に(所轄庁に)問い合わせてみないとわからない」

といったケースも非常に多い問題です。

「自分で出来ること」
「実際に問い合わせるべきこと」

この点を明確にすることが相談内容の中心となります。

お問い合わせ/相談料金

【相談時間】

60分 12,000円
90分 18,000円
120分 24,000円

※お支払いはクレジット決済のみとなります。予めご了承ください。

 

Select time